【生活保護 月収29万円】あなたの反応は?

コメントでの質問に記事で答える対話型ブログ!あなたの幸せを応戦します♪

QLOOKアクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルマガ登録フォーム
”1日5分”インプットする事から始まる幸せの掴み方



今日応援のクリックありがとうございます。

人気ブログランキングを応援
にほんブログ村を応援






 ~~~おすすめの記事特集~~~
変わりたいと思う方に最適の特集

目標を達成したい方に最適の特集


17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密!

ネットビジネスで1億円稼いで自由になった元皿洗いの物語』

脱サラサラリーマンがたった8ヶ月で月商1000万のヒミツ


--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは上原達也です。
今日も訪問ありがとうございます。

さて今日はちょっと話題になっている「生活保護費」のお話です。

みなさんにとっての、生活保護というイメージってどんなものですか?

私の中にあった生活保護って、
働きたくても就職口の見つからない人や、
病気やケガなどで、働くことができなくなった人たちを救済する為のもの。
そんなイメージを持っていました。

もちろん、その制度を悪用している人たちがいることも感じていました。

でも、国がそんな不正受給者を取り締まろうとすると、
本当に必要で生活保護を受けている人が、逆に締め付けられてしまうという悪循環。

本当に生活保護がないと、生きるための食料が買えない
テレビをとおして、そんな声が聞こえてきていました。

でも、先日の朝日新聞の記事には驚きましたよね。

ライブドアニュースより引用
3月6日の朝日新聞(大阪版 31面 生活)の記事によると、とある2人の子供を抱えた母子家庭の生活保護受給者の女性は、月額約29万円の支給を受けていることが報じられました。

女性は朝日新聞に対して「生活保護の支給額より高額の収入になるのは難しいが、子供に劣等感を持たせたくない。今でも食べ盛りの子供2人と自分で食費を1日1500円に切り詰めている。これ以上減額されたら私の食費を減らすしかない」とコメント。
※朝日新聞記事より要約

また、朝日新聞に掲載されていた女性の生活保護支給額と、用途の詳細は以下の通り。これを見てあなたはどうお思いになるでしょうか?

<女性の生活保護支給額>
・住宅扶助 54000円
・生活扶助 219580円
・教育扶助 19000円
計292580円

<用途>
・家賃 54000円
・食費 43000円
・電気代 5200円
・ガス代 8300円
水道代 0円
携帯電話代 26000円
固定電話料金 2000円
おやつ代 7000円
外食費 2000円
日用品 37000円
※石油ストーブなど含む
灯油代 4000円
交通費 1000円
医療費 2700円
※市販の風邪薬
被服費 20000円
交際費 11000円
娯楽・習い事費 40000円
※主に子供の習い事
学校関係費 13000円
残り 15380円

この内容を見たネットユーザーたちは「固定電話の料金はいるのか?」、「携帯電話料金が高すぎないか?」、「普通の家庭でも子供の習い事に4万円もかけられない」、「そもそも支給額が高すぎる」など、といったコメントを残していました。

確かに使いきれていないお金もあるようですし、食費を切り詰める前に、携帯代や娯楽費を削ればもっと生活に余裕が出ると思うのですが…。

これが普通だと思っている女性にも問題がありますが、書かれている金額が事実なのであれば、一般の家庭よりも贅沢な暮らしのできる金額を支給してしまう行政にも問題があると言わざるを得ません。

そもそも生活保護とは、「国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること」(※生活保護法第一章一条より引用)を目的として定められているのに、受給を続けたいと思ってしまう状況になるのは本末転倒。改善の余地があるかもしれません。




この記事を見て何を感じるでしょうか?

多くの人は、この記事で取り上げている女性に対して、怒りをぶつけようとします。

ただ記事を読んで、反感を持ったり、共感したりと。
もちろん、この記事を読んでどう感じるのかはあなたの自由だと思います。

でも少し考えてみてください。
この記事を見たときの多くの人の予測できる反応を、自分自身に照らし合わせることができませんか?

何かができないと感じる時、
何かがないとどうしようもないと感じる時、

あなた自身は何も変わらずに、現状を解決しようとしていることはありませんか?

私は生活保護なんか受けていない。
そう感じる人もいるかもしれません。

問題はそこではないのです。

自分自身が、自分の変化を許可してあげないと、
外部の変化に対応することができなくなってしまうのです。

最近の若い人は、恋人が欲しくない理由として、
自分らしくいたいからとか、
自分の時間を大切にしたからなど、
そんなことを言ったりしています。

結婚しない人にしてもそうです。
結婚すると自分の時間がなくなるから。

そんな意味のわからないことを言う人もいるのです。

いま世の中はすごいスピードで変化していっています。

30代より若い方はピンと来ないかもしれませんが、
子供の頃を思い出してください。

携帯電話はありましたか?
インターネットはありましたか?
パソコンはありましたか?
こんなにコンビニはありましたか?
巨大なショッピングモールはありましたか?
消費税はありましたか?
お茶やお水を買って飲んでましかが?
各部屋にエアコンはありましたか?
車のナビはありましたか?

この数十年を見ただけでも、これだけ変化しているのです。

もはや、自分が変わることを許可しないと、対応できない時代でもあるのです。

もちろん意識しなくても、変わっていくことはできます。
それは、
時代の流れとともに、常識(あたりまえ)が変化していくからなのです。

ただ、時間の流れの中の、その大きな流れに流されるだけでいいのでしょうか?

どうせなら自分で、選んで進みたくないですか?

変わろうとしない人は、変わらないといけなくなって仕方なく変化し始めます。

しかし、
自分が変わることを許可している人たちは、
常に自分の望む方向に変化しているのです。

例えば、
消費税が10%にあがると聞いたとき、
ただ文句を言いながら、徐々に税率アップを慣らされていくのではなく、
これから消費税が上がるなら、今自分が何をすればいいのかを考えるのです。

単純に考えると、
消費税のアップ=支出の増加
支出の増加することでの問題は、お金が減ってしまうこと。
お金が減らないようにするには、収入を増やす。

消費税が上がるまでの数年間で、この事を達成すれば問題解決になるのです。
よく考えてみてください。
年間10万円(月約8,500円)ぐらいの収入を増やせば、
消費税のアップには対応できるのです。

この程度の金額だからこそ、多くの人は、
旦那さんの小遣いを減らして対応したり、
食費を減らして対応し用途してしまうのです。

変わらないようで、変わってしまっている現状がわかりますか?

人間関係についても同じです。

あなたは変化しないことを選びますか?
それとも、望む自分に変化していくことを選びますか?








メルマガ登録フォーム
”1日5分”インプットする事から始まる幸せの掴み方



今日応援のクリックありがとうございます。

人気ブログランキングを応援
にほんブログ村を応援






 ~~~おすすめの記事特集~~~
変わりたいと思う方に最適の特集

目標を達成したい方に最適の特集


17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密!

ネットビジネスで1億円稼いで自由になった元皿洗いの物語』

脱サラサラリーマンがたった8ヶ月で月商1000万のヒミツ


2013.03.09 22:13 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |


トップページスポンサー広告||未分類【生活保護 月収29万円】あなたの反応は?

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.01.29 04:59  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示




  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 幸せ体質になって
  • SEOキーワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。