頼み事をされる事で、あなたは試されている。

コメントでの質問に記事で答える対話型ブログ!あなたの幸せを応戦します♪

QLOOKアクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルマガ登録フォーム
”1日5分”インプットする事から始まる幸せの掴み方



今日応援のクリックありがとうございます。

人気ブログランキングを応援
にほんブログ村を応援






 ~~~おすすめの記事特集~~~
変わりたいと思う方に最適の特集

目標を達成したい方に最適の特集


17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密!

ネットビジネスで1億円稼いで自由になった元皿洗いの物語』

脱サラサラリーマンがたった8ヶ月で月商1000万のヒミツ


--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは上原達也です。
今日も訪問ありがとうございました。

サラリーマン時代に感じていたことなのですが、

頼まれた仕事を50%程度で行う人がいました。

どうしてかというと、
はじめから100%で行うと、なにか指摘された時に、
改善して提出するのが大変だからだそうです。

それとは対照的に、駆け引きなどは行わずに、
常に100%の力で仕事を行っている人もいました。
その人は、自分ばかりに仕事が回ってくると不満を言ってました。

この2人はとても対照的な仕事の仕方だと思います。

しかし、どちらも大切なことに気付けていないのです。

もちろん、前者にかぎっては、
もともと手を抜いて仕事を行っているので、
話にならないという部分もあるのですが、

後者の方も、せっかく100%の力で行っているにもかかわらず、
わざわざ自分で自分を苦しめる選択をしているのです。

では、あなたがこの場所にいて、
何かの頼み事をしようと思った時、
どちらの人に頼み事をしようと思いますか?

もちろん後者に人に頼みますよね。

前者に頼んでも、自分の望んだ結果は手に入れられそうもないですからね。

そんなこともあって、後者の人に頼みごとが集まるようになってくるのです。

こうなってくると、適当におこなっている人が楽をして、
一生懸命行っている人は、いつも忙しいという、
なんだかやるせない状態になってきます。

この状態が後者の人が不満の原因になってしまうのです。

では、この二人が共通して気付けてないこととはなんなのでしょうか?

答えは簡単です。
二人とも、短期的に物事を見つめてしまっているのです。

この二人は、今のこの瞬間を見ると、

前者:楽に仕事ができ、忙しくない。
後者:真面目にやっているのに、とても忙しい。

これだけを見ていると、とても後者が損をしているように見えてしまうのです。

しかし、これを長期的に見るとどうなるでしょうか?

前者:自らのスキルはアップせず、信用を失ってしまう。
後者:総合的にスキルがアップし、信用を手に入れることができる。

この違いに気づく事が出来るかどうかで、大きく考え方が変わってくるのです。

こんな言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「頼まれごとは、試されごと」
この言葉は、中村文昭さんという方が言っていた言葉でした。

人に何かを頼まれたときは、自分が試されていると思え、ということなのです。

あなたが、誰かに頼み事をする時を思い浮かべてください。

あなたは、相手ができないと思うことを頼みますか?
出来るかどうかは別として、その人ならできると思うことしか頼みませんよね?

その人に対する評価という部分で考えると、
何かの頼み事をするということは、
自分の相手に対する評価を確認しているとも言えるのです。

もちろん基準は、頼んだことをそのままやってくれることです。
それ以上であれば感動し、その人の評価が上がり、
それ以下であればがっかりし、その人の評価が下がる。

すごく単純なことなのです。

評価が下がると、頼まれなくなります。
評価が上がると、頼まれやすくなります。

だから、頑張っている人に仕事が集まってしまうのです。

でははじめの人たちに戻ってみましょう。

前者は、頼まれたことを適当に済ませ、
楽をするために、自分の評価を下げるという選択をしているのです。

後者は、頼まれるたびに評価が上がっているにもかかわらず、
目の前の忙しさから、損しているという気持ちが捨てられず、
依頼者に期待以上の結果をプレゼントすることができずにいるのです。
これは、非常にもったいない状態で、
後一歩の工夫で、相手を感動させることができるのにもかかわらず、
その選択肢に気づくことができないでいるのです。

頼んだ人は、相手がそれを引き受けてくれた時点で、
頼んだ通りのことができることを基準として考えます。

その期待に対して、あなたはどんな姿勢で答えますか?

期待を裏切って、自分の評価を下げることで、
もう二度と頼まれごとをされないように仕向けますか?

それとも、
期待以上のことを行って、相手を感動させて、
もっと自分の評価を上げてみますか?

評価を上げる。
それは、あなたの徳を積み重ねていくことにもつながるのですよ。

あと、頼まれごとをやらなくても、評価を下げない方法もあります。

これは簡単ですよね。
そもそも、頼まれごとを承諾しなければいいだけなのです。

やってくれないということで、評価をさてる人はいるかもしれませんが、
そんなことは気にする必要なないですよね。

「頼まれごとは、試されごと」
こんなことを意識して仕事に望むと、
なにか見えるものが変わってくるのではないでしょうか?





メルマガ登録フォーム
”1日5分”インプットする事から始まる幸せの掴み方



今日応援のクリックありがとうございます。

人気ブログランキングを応援
にほんブログ村を応援






 ~~~おすすめの記事特集~~~
変わりたいと思う方に最適の特集

目標を達成したい方に最適の特集


17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密!

ネットビジネスで1億円稼いで自由になった元皿洗いの物語』

脱サラサラリーマンがたった8ヶ月で月商1000万のヒミツ


2013.03.03 22:00 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |


トップページスポンサー広告||未分類頼み事をされる事で、あなたは試されている。

初めまして。

私のブログにコメントをくださって
ありがとうございます。

わかり易く簡潔な文章で
一気に読んでしまいますね。

リンクの件、オッケーです。
これからも、よろしくお願いします^^

2013.03.04 09:57 URL | メロン #O2PoHktQ [ 編集 ]













管理者にだけ表示




  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 幸せ体質になって
  • SEOキーワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。